院長挨拶
病院紹介
臨床研修医募集
外来のご案内
外来診療担当表 診療支援部門の紹介 休診のご案内 救急診療について
入院・面会のご案内
お産される方へ お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
糖尿病センター
周産期母子医療センター
消化器・肛門疾患センター
内視鏡検査室
リハビリセンター
リプロダクションセンター
地域連携協力医院マップ
医療・福祉相談をご希望の方へ
患者様の権利と責任
輸血方針について
診療実績・臨床指標
契約情報
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針

初期臨床研修医の募集

研修プログラム | 勤務・処遇 | 応募・選考 | 病院見学・資料請求 | message | 研修医Q&A | 後期研修  
現在初期臨床研修医の募集を行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ころとんが平成30年度研修プログラムの案内をします

 

前橋市のマスコットキャラクターのころとんがわかりやすく当院のプログラムの紹介をします。ご覧ください!

koroton         前橋市マスコットキャラクター

                                   ころとん

 

ころとんが案内する群馬中央病院初期臨床研修プログラム

 

2017年7月18日(火) 地域連携カンファレンスのご案内

 

JCHO(独立行政法人地域医療機能推進機構)グループの東京城東病院から総合内科医である森川先生をお招きしてご講演していただきます。東京城東病院はJCHOの中でも総合診療におけるフラッグシップモデル病院でもあり、当院の平成30年度臨床研修プログラムから東京城東病院での総合内科の研修を選択することができます。
今回は医学生の方や臨床研修医の方にも聞いていただきたい内容で、どなたでもご参加いただけます。
チラシ画像をクリックし、申込用紙に記入してFAXにてお申込みください。

tirenkanfatirasi

 

臨床研修合同説明会に参加しています

 

群馬県臨床研修病院合同ガイダンス(5月9日)に参加しました。
たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。ブースに来てくださった方も、まだの方も当院をもっとよく知っていただくためにも1度見学にお越しください!

goudougaidansu1goudougaidansu2

 

レジナビスプリング2017(3月19日)

rejinabi290319

 

次回はレジナビ2017東京(7月16日)に参加します。ぜひ、お越しください!

レジナビ2017東京(東京ビッグサイト東1・2ホール)

お問合せは庶務課まで
 

研修プログラムの特色

IMG_2351当院は、地域医療と高度医療双方を備えた群馬県の一般総合病院であり、次世代を担う医療人の育成をめざすことを目的としたプログラムです。 少数精鋭主義で、一人ひとりに行き届いたきめ細かい指導体制をとっています。
必修科目 内科(6ヵ月)、救急部門(3ヵ月)、地域医療(1ヵ月)
①内科 内科では、循環器、消化器、神経、呼吸器、糖尿病代謝など、当院が市中の一般総合病院であることから、内科一般の幅広い疾患の研修が可能です。
②救急部門 救急部門では、各科に搬入される救急患者の初期対応からの一連の流れを研修できるように、各科指導医とともに救急患者の治療にあたります。また、救急時の蘇生・挿管などを麻酔科で研修し、救急医療に必要な技術の習得をできる内容となっています。
③地域医療 地域医療では、病診連携協力医のもとでの在宅医療の研修を主体に行い、地域医療の実践を経験できます。
選択必修科目 外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科のうち2つの診療科については、必ず臨床研修を行います。 期間は各科最短1kaヵ月の単位で研修が可能です。
自由選択科目 内科・病理診断科・小児科・外科・整形外科・産婦人科・眼科・放射線科・麻酔科・皮膚科・泌尿器科の中から、研修医の希望や将来の専門性、研修到達度に合わせて研修科を選択し、各科最短1ヵ月の単位で研修が可能です。
【留意事項】 研修医によって、ローテーションの順序が異なります。(例えば、必修科目から開始される場合や、選択必修科目から研修が開始される場合があります。) 必修科目のうち、内科6ヵ月と救急部門2ヵ月は1年次に研修、救急部門の残り1ヵ月と
地域医療1ヵ月は2年次に研修を行います。

     01_01_001 …14ヵ月が研修医の希望や研修到達度に合わせ、選択が可能です。 将来の専門性に合わせ、ローテート方法は指導医が相談に応じ、フレキシブルに対応します。

お問合せは庶務課まで


▲このページの先頭に戻る

群馬中央病院初期臨床研修プログラム

IMG_2280プログラムの概要pdf 必修科目の研修プログラムpdf 選択必修科目の研修プログラムpdf 自由選択科目の研修プログラムpdf 研修医ガイドpdf
 

 

 

 

お問合せは庶務課まで


▲このページの先頭に戻る
 

勤務・処遇

※勤務形態や給与等は、独立行政法人地域医療機能推進機構の定める就業規則と給与規程に基づきます。(平成26年4月~)
身分 任期付常勤職員
勤務時間 月~金曜日、週38時間45分
休暇 土日祝日、年末年始休暇、規程による年次休暇、特別休暇
給与 給   与 【1年次】452,400円(地域手当含む)  【2年次】487,200円(地域手当含む)
賞   与 【1年次】年間780,000円          【2年次】年間840,000円
各種手当等 宿日直手当、通勤手当、扶養手当、住居手当、研修補助費あり
健康管理に関する事項 年1回病院が定める健康診断を受診すること
研修医室 研修医専用室あり
加入保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
※詳しくは URL:http://gunma.jcho.go.jp をご覧下さい。 お問合せは庶務課まで


▲このページの先頭に戻る
 

応募・選考

募集人員 7名
研修開始 平成30年4月1日
研修年限 2年
採用試験日 平成29年7月25日(火)・8月25日(金)  ※都合の合わない場合は、個別に応じます。
応募資格 平成30年3月医学部卒業予定で医師国家試験合格見込みの方 (マッチングシステム参加病院であることから、応募者は、原則マッチングシステムの参加者に限ります)
応募締切 試験日の5日前に書類必着
応募書類 履歴書・成績証明書・卒業見込証明書
応募方法 応募書類を下記まで郵送またはご持参ください。 〒371-0025 群馬県前橋市紅雲町1-7-13 独立行政法人地域医療機能推進機構 群馬中央病院 総務企画課 TEL:027-221-8165(内線2352)
試験会場 群馬中央病院 別館
お問合せは庶務課まで


▲このページの先頭に戻る
 

病院見学・資料請求

病院見学は随時行っていますので、お気軽にお問い合わせください。 お申込は、希望日の1週間以上前にメールにてご連絡ください。
メールには、①氏名 ②大学 ③学年 ④卒業年度 ⑤連絡先 ⑥見学希望期間 ⑦希望診療科を記入し、題名に「病院見学希望」と書いて申し込んでください。
できる限りご希望の見学期間でお引き受けいたしますが、希望診療科の都合で、日程の変更をお願いする場合もあります。見学時には、身分証明(学生証、運転免許証、保険証など)をご持参ください。
資料を希望の方は、メールに、①氏名 ②住所 ③大学 ④学年 ⑤卒業年度 ⑥連絡先 ⑦希望診療科を記入し、題名に「資料請求希望」と書いて申し込んでください。

お問合せは庶務課まで


▲このページの先頭に戻る
 

message

初期臨床研修医に望むこと・・・

当院では、医療スタッフ同士、また患者さんとの関係において、人の顔が分かる関係を大切にと考えています。誰とでも明るく挨拶できる環境ですし、ぜひ臨床研修医にもそうしてもらうことが理想だと考えています。 研修医を受け入れる体制として、当院では、ほとんどの常勤医が指導医の資格を持っています。また、報酬なども配慮し、研修医が2年間安心して、ゆとりを持って、きめの細かい研修を積むことができるように最大限の努力をしています。 臨床研修の2年間をどのように修練したかは、将来を決定づける極めて大きな布石となると言っても過言ではありません。卒後の2年間をゆっくりと臨床研修に打ち込める条件や環境の中で、弾力性のある考えを持ち、協調性豊かで、意欲的な臨床研修医の方々の応募を期待してやみません。
院長 田代 雅彦

個々の症例を安全かつ的確に診療できるよう上級医とともに考え行動する研修

これまでの見学が中心であった医学生から、社会的責任を負い実際に患者さんに手を施す臨床医へは、単なる名目上の医師だけではなく技量と知識を兼ね備わった成長が必要です。われわれは、初期研修2年間を医療人としての基本姿勢を構築するのに重要な期間と捉えており、研修医教育を病院の一大事業と考え、医師だけではなくコメディカル含めた病院全体で人材育成に力を注いでいます。
当院は県庁所在地である前橋市中心部に位置し、1日平均外来患者数 627.9名 、平均入院患者数 240.3名に対応する地域の二次中核病院です。来院される患者さんはcommon diseaseから高度な専門医療を要する方まで多種多様であり、研修医は各科ローテンション中に豊富な症例を経験することができるでしょう。研修医が孤立することなく、個々の症例を安全かつ的確に診療できるよう上級医とともに考え行動する研修を心がけています。
皆さんが社会人として素晴らしい医師と成長できるように全力でサポートしていきたいと思います。

                                    臨床研修管理委員長(プログラム責任者) 湯浅 和久

臨床研修医になる皆さんへ

初期研修を初めてあっという間に2年が経ちました。先生方をはじめ、たくさんの方々のご協力、ご指導により無事研修を終えることができました。
私が群馬中央病院を研修病院として選んだ理由は研修医の少なさと雰囲気の良さでした。少人数制のため、一人の研修医に対して多くの先生やスタッフの方々にご指導、ご意見をいただくことができますし、市中病院のあまり規模が大きくない病院だからこそ全ての先生やスタッフの方に顔を覚えてもらえ相談がしやすいです。またcommon diseaseを中心に様々な症例や手技を経験することができます。適度な人数の市中病院だからこそだと思います。また実際に研修医となって、私たちの研修がよりよいものとなるようサポートされていることを実感しました。研修の変更や希望などへの柔軟な対応や環境づくりなど、研修医の要望に可能な限り応えてくれますし、今後もさらなる改善をしていく体制がつくられています。
改めて振り返ると、私は群馬中央病院で研修をしてよかったと思います。ですが研修病院を選ぶ基準は人それぞれです。一度、群馬中央病院の雰囲気を感じるためにも病院見学にいらしてください。お待ちしております。

                                                         研修医T

お問合せは庶務課まで ▲このページの先頭に戻る

研修医Q&A

Q.当院を選んだ理由

A.地域に根差した市中病院だと思ったからです。実習で何回か伺ったのですが雰囲気も良いと思いました。

Q.初期研修プログラムについて教えてください

A.かなりの期間を自分で決められます。他の病院よりも選択できる期間が多いです。

Q.ローテーションについて教えてください

A.自由度が高くて良いと思います。各科でどのような研修がしたいか希望も聞いてくれます。

Q.どんな症例が多いのでしょうか

A.肺炎、糖尿病、認知症、高血圧、などいわゆる“common disease”が多いです。周産期、不妊治療や外科の手術、心臓カテーテル検査の症例が豊富です。

Q.当直について教えてください

A.月に3回ほどです。上級医の先生と必ず一緒にやるため、研修医が1人で責任を負うようなことはありません。丁寧に指導して下さる時も多いですが、忙しいときなどは研修医も戦力の1つとして十分に活躍でき、やりがいがあります。全く眠れない日はありません。

Q.地域研修について教えてください

A.連携している開業医の医院に行き、日々の業務を研修させていただきます。病院とは違う忙しさにびっくりです。開業医の先生方の知識の量に学ぶことも多いです。

Q.当院の初期研修の特徴を教えてください

A.患者さん、上級医の先生、医療スタッフとの距離が近いこと、典型的な症例を数多く見られることです。入院から退院までをしっかり見ることができます。上級医の先生は非常に優しくフレンドリーな方が多いので気軽に質問ができ、怒られないかビクビクしながら仕事をするといったことはほぼないです。また、色々な手技をやらせてもらえます。

Q.研修医室の様子はどうですか

A.研修医のみの部屋がありリラックスできます。お昼には部屋でみんなで食べることができます。ソファ・テレビがあり休むこともできますし、電子カルテがあるので仕事もできます。研修医同士で医学書の貸し借り等も行っています。隣に図書室もあり勉強にもgoodです。

Q.研修医として女性は働きやすいですか

A.女医さんも多くまたスタッフの女性の割合も高いので働きやすいのではないかと思います。夜遅くまで残業をしなければならないことも少ないので、体力的にも働きやすいと思います。

Q.院内のスタッフの雰囲気はどうでしょうか

A.非常に良いと思います。挨拶も皆しっかりしていて疲れているときでも元気が出ます。また、看護師さん、リハビリスタッフ、栄養管理室、薬剤部、臨床検査部など多種職の人に非常に気軽に相談できます。まだまだわからないことが多い研修医としては非常に助かります。

Q.プライベートな時間はありますか

A.あります。多くのスタッフ、上級医が家庭を大事にしていたりプライベートを充実させているので、定時にしっかりと仕事を終える、土日はしっかり休むといった形になっていると思えます。また、カンファレンスを夜遅くやることもなく「上の先生を待っている時間」のような時間はなく、ストレスが少ないです。

Q.当院に来てみてどうでしたか

A.期待以上です。しっかり勉強することは勉強し、しかし定時には仕事がちゃんと終わるというのは思っていた以上に快適です。もっと勉強したければ定時以降や休み時間を使うこともできますし、仕事をしっかり定時に終わらせてプライベートを充実することもできます。夜間や休日に呼び出されることもなくスタッフ、上級医の先生も優しく「大事にしてもらっている」というのを感じながら研修させていただいています。  

___________________________________________________(回答:研修医S医師)

IMG_9999

PageTop