院長挨拶
病院紹介
臨床研修医募集
外来のご案内
外来診療担当表 診療支援部門の紹介 休診のご案内 救急診療について
入院・面会のご案内
お産される方へ お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
糖尿病センター
周産期母子医療センター
消化器・肛門疾患センター
内視鏡検査室
リハビリセンター
リプロダクションセンター
地域連携協力医院マップ
医療・福祉相談をご希望の方へ
患者様の権利と責任
輸血方針について
診療実績・臨床指標
契約情報
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針

麻酔科

スタッフ:常勤医4名

麻酔科主任部長兼臨床工学部長 富岡 昭裕 新潟大学 平成3年卒(医学博士)
麻酔科標榜医/日本麻酔科学会専門医・指導医
麻酔科医長 高橋 淳子 群馬大学 平成12年卒(医学博士)
麻酔科標榜医/日本麻酔科学会専門医・指導医/日本集中治療医学会専門医
麻酔科医長 大川 牧生 群馬大学 平成14年卒(医学博士)
麻酔科標榜医/日本麻酔科学会専門医/日本集中治療医学会専門医
 麻酔科医員 川崎 雅一 群馬大学 平成17年卒
麻酔科標榜医/日本麻酔科学会認定医

特色


手術を受けられる患者さんが手術中はもちろん手術の後もできるだけ痛くなく、できるだけ快適に過ごせるように心掛けています。

手術や大きな検査の場合に痛みを感じないように麻酔をかけますが、この麻酔には大きく分けて2種類あります。
意識がなくなる【全身麻酔】
これは脳まで麻酔をかけて痛みを感じないようにする方法です。使用する薬により血管の中に入れる静脈麻酔や、麻酔ガスを肺から吸収する吸入(ガス)麻酔などがありますが、普通は併用しています。最近は麻酔のかかりが早く、醒めも早い薬剤になってきています。脳まで麻酔がかかるので、自分では何もわからなく、また何も出来なくなります。自分で呼吸することも出来なくなるので、人工呼吸をすることになります。そのため、肺に負担が かかり醒めた後、痰がからみやすくなり、特にタバコを吸っていると痰のからみがつよくなり苦しくなるので、手術の前はタバコはやめましょう。
麻酔を受ける前に麻酔科の診察を行い、今までの病気や体質、また身体の状態を診て麻酔の調節を行います。麻酔科医は麻酔中の患者さんの代理人ですので何でも相談してください。
意識があり、手術する部位のみの【部分麻酔】
主に体の表面や手足の小さな部分を手術するときの局所麻酔と、おへそから下の下半身麻酔があります。麻酔科医はおもに下半身麻酔時に担当します。
下半身の手術のときに行われる場合があり、麻酔は背骨(脊柱)の中の神経に注射します。体をえびのように曲げて注射するとあまり痛くありません。この麻酔の前も麻酔科の診察があります。
 

外来担当医一覧表 (術前診察:完全予約制)

午前 大川 川崎 富岡 高橋 富岡

 
PageTop