院長挨拶
病院紹介
臨床研修医募集
2018年度(平成30年度)開始の新専門医制度に基づいた専攻医の募集をいたします
外来のご案内
外来診療担当表 診療支援部門の紹介 休診のご案内 救急診療について
入院・面会のご案内
お産される方へ お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
地域医療連携センター
糖尿病センター
周産期母子医療センター
消化器・肛門疾患センター
内視鏡検査室
リハビリセンター
リプロダクションセンター
医療・福祉相談をご希望の方へ
患者様の権利と責任
輸血方針について
診療実績・臨床指標
契約情報
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンを実施しています

セカンドオピニオンとは

病気の治療方針について、かかりつけの先生(主治医)以外の医師の意見を聞く事です。

患者さんにとっては、複数の意見を聞き、比較検討した上で、自分が納得する治療を受ける事ができるメリットがあります。

何故、セカンドオピニオンが必要なのか

医療の発達に伴い、同じ病気に対しても複数の治療方法が開発され、その選択が必要となっています。

相談内容

  • 現在の診断・治療に関する専門医としての意見を聞きたい時
  • 今後の治療に関する専門医としての意見を聞きたい時
  • 病状・治療方針・治療経過の説明に納得はしているが、他の医療機関の専門医に再確認したい時
  • 治療方針に同意を求められているが、今一つ決心できない時
  • 現在の治療に不安を感じている時
  • 病状や治療経過の説明に納得がいかない時、ただし医療者に対する不満、医療事故及び裁判紛争中に関する相談ではありません。
  • 複数の医療機関に相談し、最終的には治療方針に納得した医療機関で治療を受けたい時

当院で実施しているセカンドオピニオン

内科 肺がん、心疾患等
外科・消化器科 胃がん、食道がん、大腸がん、肝がん、甲状腺がん等
整形外科 膝疾患・脊椎脊髄疾患等
産婦人科 子宮がん、卵巣がん、ハイリスク分娩等
小児科 心疾患・神経疾患等
眼科 眼科領域
耳鼻科 耳鼻咽喉科領域、めまい
放射線科 経皮的椎体形成術・子宮動脈塞栓術
  • 内容によっては、相談に応じられない場合がございます

セカンドオピニオンの特徴

  • セカンドオピニオンは保険診療ではありません、全額自費です
    初めの30分は10,800円(以後、30分ごとに5,400円を加算)の料金を頂いております。
  • セカンドオピニオンは相談であり、診察ではありません
    セカンドオピニオンでは、かかりつけの医師からの紹介状、および検査結果を再検討し、患者さんあるいは、ご家族の希望、ご意見をお伺いしたうえで、アドバイスいたします。
    当院で医療行為や追加検査をすることはいたしません。
  • セカンドオピニオンは主治医の診断、治療を評価する方法ではありません
    セカンドオピニオンは将来の選択肢について一緒に考えることが目的です。
    現在の治療方針の善し悪しを評価したりするものではありません。
  • ご本人の来院が原則です
    事情によりご家族のみの場合は、ご本人の相談同意書が、かならず必要となります。
  • 受診予約
    1)受診予約が必要です。
    2)準備するもの(診療情報提供書・申込書・検査結果)

セカンドオピニオン申し込み方法

sekanndo
  • 当日は必要書類を持参し、総合受付で『セカンドオピニオン外来』とお申し出になり手続きを行ってください。
  • 予約時間には、余裕をもってお越しください。
PageTop