院長挨拶
病院紹介
臨床研修医募集
2018年度(平成30年度)開始の新専門医制度に基づいた専攻医の募集をいたします
外来のご案内
外来診療担当表 診療支援部門の紹介 休診のご案内 救急診療について
入院・面会のご案内
お産される方へ お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
地域医療連携センター
糖尿病センター
周産期母子医療センター
消化器・肛門疾患センター
内視鏡検査室
リハビリセンター
リプロダクションセンター
医療・福祉相談をご希望の方へ
患者様の権利と責任
輸血方針について
診療実績・臨床指標
契約情報
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針

腹腔鏡(補助)下手術

 

腹腔鏡を用いた手術は、当初は、胆石や胆嚢炎に対する胆嚢摘出手術に導入されました。

従来の開腹手術と異なり、お腹に約5mmから1cmの小さい穴をあけ、そこからテレビカメラや電気メスを挿入し、モニターに映し出される画面を見ながら手術を行ないます。

胆嚢の手術においては標準的な治療方法となっています。

最近では胃や大腸の早期がんに対しても施行しています。

開腹手術に比べて、傷が小さく出血も少ないので、術後の疼痛が少なく、早く回復することが可能です。

適応に関しましては当科担当医師に遠慮なくご相談ください。
PageTop