院長挨拶
病院紹介
臨床研修医募集
2018年度(平成30年度)開始の新専門医制度に基づいた専攻医の募集をいたします
外来のご案内
外来診療担当表 診療支援部門の紹介 休診のご案内 救急診療について
入院・面会のご案内
お産される方へ お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
地域医療連携センター
糖尿病センター
周産期母子医療センター
消化器・肛門疾患センター
内視鏡検査室
リハビリセンター
リプロダクションセンター
医療・福祉相談をご希望の方へ
患者様の権利と責任
輸血方針について
診療実績・臨床指標
契約情報
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針

輸血方針について

基本方針

輸血拒否に対する当院の対応

・宗教上の理由により輸血拒否を望む患者さんに対して、そのことが理由での診療拒否はいたしません。

・当施設ではいかなる場合においても「相対的無輸血治療」を施行します。(※相対的無輸血の方針)。あらかじめ当院の治療方針を説明
 することにより患者さんが治療を選択する権利を保障します。

・原則として輸血を必要とする治療が行われる可能性がある場合、転院をおすすめいたします。

・免責証明書など「絶対的無輸血治療」への同意文書には署名いたしません。(※絶対的無輸血の拒否)

・出血性ショックなどによる瀕死の病態で、輸血以外に救命の手段がないと判断される緊急の場合は、手術同意書・輸血同意書が得られな
 い場合でも救命のための手術、輸血療法を実施いたします。

   ※相対的無輸血:患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時に
    は輸血を行うという立場・考え方。

   ※絶対的無輸血:患者さんの立場を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

                                                         病院長
PageTop