院長挨拶
病院紹介
臨床研修医募集
2018年度(平成30年度)開始の新専門医制度に基づいた専攻医の募集をいたします
外来のご案内
外来診療担当表 診療支援部門の紹介 休診のご案内 救急診療について
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
お産される方へ
リプロダクションセンター
周産期母子医療センター
糖尿病センター
消化器・肛門疾患センター
内視鏡検査室
リハビリセンター
医療・福祉相談をご希望の方へ
患者様の権利と責任
輸血方針について
診療実績・臨床指標
契約情報
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針

医療設備のご紹介

医療設備のご紹介

最先端の高度医療機器を導入して、予防・診察・治療の一貫した医療体制を整え、大きな効果をあげています。

MRI

SIEMENS社製 MAGNETOM Skyre 3.0T
MRISIEMENS社 MR装置のフラッグシップマシーンであるSkyra3.0Tが県内で最初に当院に導入されました。本院の検査から脳ドックまで全てこの一台で対応いたします。
磁場強度が1.5Tから3.0Tへと倍の強さになったことで画像がとても綺麗になりました。そしてオープンボア(患者さんが入るトンネル)も60cmから 70cmへと10cm広くなり、ガントリ長(トンネルの長さ)も短くなり膝の撮影であれば顔が外に出ますので、患者さんにとって快適な環境になって閉所恐 怖症の方でも安心して検査を受けられます。
新しい装置になって検査時間も短縮し、より多くの患者さんにご利用いただけるようになりました。磁場強度が上がったことで以前に増して金属等のチェックが厳しくなりましたが、ご理解ご協力をお願い致します。

CT

64列マルチスライスCT(LightSpeed VCT GE社製)
64列マルチスライスCT(Optima CT660 GE社製)
CTgazou

64列マルチスライスCTは、一度に最大64枚の断層撮影が可能な最新鋭の超高速CTです。 今までのCT以上に短時間で検査が出来、放射線被ばくもコントロールされております。
当院では、通常のCT検査以外にも心臓や血管などの特殊検査において使用されており、脳血管疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患の診断に役立っております。
4列マルチスライスCT(LightSpeedPluss GE社製)
LightSpeedPluss4列マルチスライスCTは、従来のシングルスライスCTやヘリカルCTと比べ一度に4枚の撮影が出来るため大幅に検査時間が短縮されました。
また、患者さまの身体の大きさによって放射線量を自動的に制御する機能を備えているので、よりいっそう身体にやさしく、お子様にも安心して検査を受けていただくことが出来ます。
当院では頭部、胸腹部などの通常検査に使用されております。

Angio

SIEMENS AXIOM AXIOM ARTIS
Angio装置写真この装置は、SIEMENS社製の最高機種、FPD(フラットパネルディテクター)を積んだ最新式の装置で、頭の血管から心臓の血管、お腹の血管そして下肢の血管とあらゆる血管の造影検査と治療を行っています。
FPDとは人体を透過したX線をデジタル画像に変換する装置で、現在のデジタル変換技術最も優れた機器ですから、画像はとても綺麗です。
それに加えて患者さまの被ばく線量を極力少なくするようなパルス透視(間欠的にX線を出してゆく透視装置)や検査中に使ったX線の線量を表示したりと、とても患者さまにやさしい装置です。
また、この装置の最大の特徴であるダイナCTと呼ばれる横断象(CTのような画像)も撮ることが出来、診断の手助けをしてくれるとても優れモノの装置です。

 

電子カルテシステム

電子カルテシステム富士通の電子カルテHOPE/EGMAIN-GXが稼働しています。
稼働により、紙カルテがなくなり、フイルムレスのため、カルテを探す手間も、過去のフイルムを探す必要もなくなり時間が短縮されました。
このシステムでは、画面展開が非常に速く、日常診療での入力データがデータベースに格納され、カルテ記載の効率化を図れることや、記載情報の時系列表示などにより診療現場でリアルタイムにデータを活用できます。
また、各医療機関様より御紹介の患者様の画像データ(CD-R・フイルム)を放射線科に設置したデジターザー取り込みにより迅速な診療に役立っています。
PageTop